世界各国の企業が利用するウェビナー|活用場面と有効性

男の人

現代の会議の形

会議

最近の企業ミーティングなどではTV会議というものが利用されています。TV会議とは、カメラを使ってネットを通じたミーティングを行なうことができるものです。各社で月額料金や初期導入費が違います。その中の一部について紹介します。ReadyCastというものは、40円x利用分数x参加PC数にて料金が左右される従量課金型です。初期導入費は無料で利用できます。高画質配信ができ、レイアウトを自由に変更できるインターフェースによって利便性が高いのが特徴です。次に、WebExというものです。これは月額費用が初期導入費に21479円というWeb会議のシステムでは安いほうですが、月額費用が52890円と少し高めに設定がされています。WebExはネットからログインできればいつでもログインすることができ、iphoneやiPadなどからも利用することができます。Live onというシステムは、初期導入費が大変高額で39万円の他、別途機能を追加する際にも追加料金が発生します。月額費用は比較的安い15000円です。こちらも同じくネット環境が用意できるのであれば、どこから利用することも可能です。ファイル共有やホワイトボード機能なども備えています。初期導入費は比較的高めですが、月額費用が安いために、利用が長ければ長いほど他のシステムとの価値が逆転します。
TV会議には、他にもいくつかのサービスがあり、それぞれのメリットを活かすといいでしょう。TV会議のシステムは数多くの大手企業も利用されています。企業規模にもよりますが、各地に拠点を持つ企業などはその都度の出張費を重ねるよりTV会議を使ってミーティングやセミナーを行なうほうがよりスムーズに、且つ安く済ませるできそうです。