世界各国の企業が利用するウェビナー|活用場面と有効性

男性と女性

世界のセミナー受講

2人の男性

ウェビナーという言葉はご存知でしょうか。ウェビナーとはWeb Seminarの略称です。ネットを通してセミナー配信を行なうことで、現地へ行く必要がなく不特定多数の方が自宅でも会社でもセミナーを受けることができます。パターンとしては、セミナー講師がホワイトボードなどを使いながら説明しているものや、PC画面のみを共有しながら行なうものがあります。ウェビナーを使えば、本来話すことができないような講師などのセミナーを聞いたり、質問をしたりすることができる夢のような機能です。最近、企業間ではこういったセミナーの方法を採用するところが増えてきています。
BtoBと呼ばれる、いわゆる企業対企業の仕事をしている業界では、特にその有用性は高いと認められています。そのメリットとしては、会場を用意する費用や出張費の削減、ネットがある環境であればどこでも始めることができ、部屋内で行なうわけではないので定員数がない、ネットではあっても生放送であるため、リアルなやり取りができるといったところがあります。海外企業でもそのウェビナーによる効果は高く評価されています。会社によっては、ウェビナー自体を商品コンテンツとして展開しているところもあり、世界各国の著名人のセミナーを有料チケットを利用することで受講できるというものもあります。自宅からの受講もでき、空いた時間に利用することができるため、セミナー参加者からは高い評価を得ているといいます。こうした企業向けのサービスは、この先どんどん広まっていくことでしょう。

現代の会議の形

会議

TV会議は、数多くの拠点を持つ企業が利用することが多いです。TV会議の導入には、初期導入費や月額費用がかかりますが、出張頻度が多い場合にはTV会議を利用したほうが安く済ませることができるでしょう。

もっと見る

全国と繋がる会議システム

話し合い

WEB会議は、ネットを通じて様々な場所から時間を問わず会議を行なうことができます。拠点数の多い企業であれば、出張などが不要になる分導入した際に費用対効果に顕著に現れることでしょう。

もっと見る

数多くの個人情報を取扱う

ネット

弁護士の案件管理は、情報数が多いためになかなかその整理が追いつかないということもあるかと思います。そういった時に便利な案件管理システムがあります。個人情報や書類を保管しておくことができ、いつでも簡単に情報を引き出すことができます。

もっと見る